「翔の会」会員募集

2016.01.15

2016年翔の会の動きかた

2015年は、住民投票、ダブル選挙と天国と地獄を味わった一年でした。

年が改まり、翔の会の活動を今年の夏の参院選で間違いのない日本を目指す動きに何ができるにシフトしていきたいと思っています。

自治体のリーダーを目指す動きとはかなり違った展開になるので、今まで私を応援して下さった方たちの思いとは離れてしまうかもしれませんが、この間明らかになりつつある、力の政治に対する大きな危惧を感じている者としての発信をしたいということです。

私は戦後民主主義世代といわれる年齢ですし、高度経済成長やバブルの崩壊などを通じ、社会構造というか、精神構造まで含めたこの国の変化に対して、多くの人が不安を感じているにもかかわらず、力で推し進めようという勢力がますます勢いを得ようという流れが見えるからです。

国政という視点も含めた発信をしたいと思うきっかけは、ダブル選挙での自民党府連の党中央の思惑を優先したとしか思えない動きかたに対する不信と抗議の意味も含まれます。

合意形成に時間がかかることが民主主義の根幹であることを忘れ、小選挙区制の中で勝者総取りともいえる議席を得た人たちが、独断で進めようとする姿を見るにつけ、今夏の参院選でいわゆる「改憲勢力」とは違う人たちを選ぶ動きを盛り上げることが今のこの国に必要なのではないか。

そういう思いで新たな展開をしてまいります。(ネット展開、この間芽生えてきた若い力との連携、街頭行動、講演、寄稿、出版)など具体的な活動をするにあたり、後援会会員として私の活動をサポートしてくださる方のご寄付をお寄せ頂きますようよろしくお願い申し上げます。

 

※なお、これまでは3カ月、半期、年間という種別を設けておりましたが、今回サポーター&カンパ窓口を設けることでひと口2万4000円の会員一種類にさせて頂きます。ご了承くださいませ。お振込をいただける方は下のボタンから入会用紙をダウンロード、プリントしてご記入の上、指定口座へのお振込とファックスをお送りくださいませ
会員の方には活動報告等の資料を送らせて頂く予定です。

『翔の会』ご入会用紙