翔の会へのご理解とご支援を頂いた皆様へ
高い支持率があるそうですが、私の安倍政権に対する幻滅と恐怖は日増しに大きくなっています。この政権には、政治や政治家の資質という点で、基本的な欠落を感じてなりません。
何をいまさらといわれる方も多いことは承知。
自民党はもっと懐が深かったはずなのに、安倍総理に異論を唱えようとしても「支持率」という魔物に金縛りにあったかの迎合ぶりばかりが際立っています。

今、日本は、一部の富裕層だけが豊かになることを目論む勢力が、表舞台で大きな顔をしている現実があります。だからこそ、如何に格差が広がっているのか。働きがいのある社会とはどういったものなのか。政治が目指すべき役割について多くの「気づき」を広げなければならないという思いに駆られています。格差社会の是正、幸せを分かちあえる環境、優しさとは何かなど、基本的な広い視点をもった政治家の登場が不可欠です。

翔の会として何ができるのか。数多くの市民グループといっしょに進みたいと思っています。是非ご賛同頂きたいという思いを込めてご挨拶とさせていただきます。

平松邦夫

水道が民営化されると(動画)

2016.02.29

News 翔(Show)のVol.4です。
このシリーズでは初めてのインタビュー形式です。

ご協力いただいたのはNPO法人 AMネットの武田かおり事務局長。

NEWSSHOW04a

動画は15分ほどです。非常に多くの問題点を抱えていることすら市民が知らないままでいいのでしょうか。武田さんとのお話も「入り口」にしか過ぎませんが、将来に禍根を残さないためにもしっかりと考えましょう。

AMネットのホームページはこちら。

いよいよ議会で大阪市の水道民営化議論が具体的に始まりつつありますが、大事なライフラインが「民営化」というマジックワードで進められようとしています。では本当に「民営化」することが市民のいのち、暮らしを守るために必要なのかどうか。

水道に関しては多くの国で「民営化」が推し進められ、結果として水道料金の高騰や品質の低下などにより「再公営化」の動きが出ていることを、マスメディアではあまり伝えられていません。これだけ「情報」が広く行き渡るシステムを持ちながら、表に出ることの少ない情報というものを冷静に分析しなければと思います。

3月12日には「大阪を知り・考える市民の会」主催、私の「公共政策ラボ」 (現在制作中のページです)共催で「大事な水道についてしっかりと知り、考えてみよう」というセミナーが谷町のNSビルで午後1時から開かれます。(詳細) お申し込みはこのリンク先をご参照の上メールでお願いします。

なお、武田さんは「大阪市議会での慎重な審議を求める陳情書への賛同依頼」を発信されています。私もSNSで拡散しましたが、3月6日必着で賛同していただける方の署名集めもされています。是非ご覧ください。(FBページはこちらです)

 

最新動画

お知らせ

2016.05.01

5月1日・8日合併号の大阪民主新報への寄稿です。
題して『誰のための「改革」「統合」か』です。

2016.04.24

4月24日号の大阪民主新報への寄稿です。題して「放置自転車ワースト1が…」です。

2016.04.10

4月10日号の大阪民主新報への寄稿です。題して「儲けんでええ」を灯りにです。

2016.02.29

ニュース翔(Show)の新動画 「水道が民営化されると」をアップしました。

2016.02.28

2月28日号の「大阪民主新報」への寄稿です。

コラム

 

チャレンジ大大阪 »